「何もしない」贅沢を満喫!野島に行ってみた(*´ω`*)

Posted on September 18, 2020

2020年2月にオープンした、野島の簡易宿泊所「ViDeN」に泊まってきました!

三田尻港からフェリーに乗り、わずか30分で到着できる防府市の離島「野島」に行ってきました。

私は野島初上陸。今回の宿は、簡易宿所の「ViDeN」です!

コンビニもカラオケも無い、でもなぜか満足できる場所

写真・三田尻港桟橋写真・三田尻港桟橋


三田尻港で検温を済ませて、いざ出航!

写真・フェリーからの景色

写真・フェリーからの景色


晴れていると、遠く周南市の工場地帯まで見渡せます。

青い海と青い空であがるテンション( ^^)

写真・野島の静かな海写真・野島の静かな海


桟橋に到着すると、島の猫によるお出迎えが…

写真・野島は猫の島写真・野島は猫の島


歩いて3分ほど。狭い路地を抜けると、そこに「ViDeN」はあります。

入り組んだ路地に、少しワクワク。

写真・この路地を抜けるとViDeNはあります写真・この路地を抜けるとViDeNはあります写真・オシャレな表札写真・オシャレな表札写真・ViDeN外観写真・ViDeN外観写真・どこか懐かしい雰囲気の玄関写真・どこか懐かしい雰囲気の玄関


荷物を置いて、お散歩をしてきました。釣りが好きな人は、ここで釣りを楽しむのも良いかも(・∀・)

写真・津久美浜海水浴場写真・津久美浜海水浴場写真・桟橋の一コマ写真・桟橋の一コマ


本土に帰る生徒さんを見送る先生の姿。なんだかホッとします。

ご飯はバーベキューを満喫!

島の散策から帰ると、お腹も減ってそろそろ夜ご飯の時間。

ViDeNでは500円でバーベキューセットが借りられるので、手軽にバーベキューができます!

写真・裏庭でバーベキューの準備写真・裏庭でバーベキューの準備


お店は無いので、材料は来るときに持ってきてくださいね。大きな冷蔵庫があるので、お肉も魚も保存はバッチリです!

写真・バーベキューの様子1写真・バーベキューの様子1


本格的なキャンプがしたいけど、中々やるのは大変…と思っている方でも、手軽にゆる~いキャンプ気分を味わえます(^^)外でみんなで焼いて食べるお肉は格別♪

写真・バーベキューの様子2写真・バーベキューの様子2


ご飯の後は、中でゆっくりお話しタイム。

写真・気持ちもゆったりとするお部屋写真・気持ちもゆったりとするお部屋


間接照明のお部屋で、ゆっくりと時間が過ぎ……

いつもはスマホを見てだらだらと過ごしてしまっていて、もったいないなぁ…と痛感するのでした((+_+))

写真・ViDeN内は広々としてます

写真・ViDeN内は広々としてます

お風呂・トイレがそれぞれ2つずつあるので、大人数で来ても便利なのが嬉しいです。

久しぶりにスマホをいじらずに就寝( ˘ω˘ )

朝ごはんは海を眺めながら…

通常の素泊まりプランに、+1,000円で朝食を付けることができます。

写真・明治時代のお弁当箱を使用写真・明治時代のお弁当箱を使用


フワフワの卵焼きに、野菜たくさんのサラダ、そしてベーグルにサンドイッチ!一日の活力は朝ごはんから。海を眺めながら、ピクニック気分でおいしいお弁当を味わえます。

朝9時30分発のフェリーに乗り、三田尻に到着。次は2泊して、1日のんびりViDeNで過ごしたいなと思いました。

市内からすぐに行けるのが魅力!

晴れていればキレイな星空も見られるそうで、夏のレジャー季節が終わったこれからの時期もおススメです。

手軽に行ける野島のViDeN、たまにはすべてを忘れて、ちょっとした旅に出ませんか?(^^♪

写真・また泊りたくなるViDeNです写真・また泊りたくなるViDeNです


簡易宿所 ViDeN