ふれあいウォーク「桑山散策」へ行ってきました!

Posted on November 20, 2020

「桑山高くそびえ、海広く、天長し」…秋の桑山を満喫♪

いつもはお家でゴロゴロが休日の基本スタイルな私ですが、ここ最近は天気も良いので、土曜日はウォーキングに参加してきましたヽ(^o^)丿久しぶりにリュックを取り出し、まずは準備体操…

「ふれあいウォーク」は500円で参加が出来るお手軽なウォーキングで、市内のいろいろな場所を巡ります。

今回は、防府市内にそびえる「桑山(くわのやま)」へ出発!

案内をしてくれたのは、ふれあいウォークガイドの久保山さんです。

朝10時、防府駅からスタート!

写真・防府駅から出発!

写真・防府駅から出発!

護国神社・桑山招魂場など

桑山は、防府駅から歩いて10分くらいで着く駅チカにある山ですが、意外や意外にしっかりとした山です(!)

毛利氏の築城候補地にもなり、ウォーキングコースとして、また春には約700本の桜が楽しめるお花見スポットとして親しまれています。幕末維新にも深い関りがある場所で、幕末歴女の私イチオシのスポットでもあります。

写真・護国神社

写真・護国神社

桑山には、慶応元年(1865)9月、萩藩の御盾隊(みたてたい)の演習場がありました。

維新後の明治3年(1870)、幕末の動乱で亡くなった人たちの魂を祭る、招魂場が建立されています。

防府市ゆかりの楫取素彦(かとり もとひこ)さんの実のお兄さんも、ここに眠っていますよ。

写真・長州藩海軍関係墓碑写真・長州藩海軍関係墓碑写真・黄色が眩しいイチョウの葉っぱ写真・黄色が眩しいイチョウの葉っぱ

この日は、秋と言うにはちょっと暑いくらいのでしたが、風が気持ち良い!色づいた葉っぱもキレイです。

写真・頂上に続く遊歩道

写真・頂上に続く遊歩道

頂上まではゆっくり歩いて20~30分くらいです。途中、休憩をはさみながらゆっくり向かいます。(皆さん足腰が丈夫で、付いていくのに必死な私…)

そして、いよいよ…!

山頂、到着!

着きました~~!!ヽ(^o^)丿

登りきると目の前に防府の景色が広がります。この日は雲ひとつない晴天だったので、勝坂方面まバッチリ見えました!

写真・桑山頂上から望む三田尻方面

写真・桑山頂上から望む三田尻方面

写真・桑山頂上から望む勝坂方面

写真・桑山頂上から望む勝坂方面

「桑山高くそびえ、海広く、天長し…」

日本大学の創立者であり、御盾隊の中心人物であった山田顕義(やまだ あきよし)の揮毫(きごう)による招魂碑に書かれている一文です。まさにその通りの景色。

この桑山には、彼の同志や先輩たちも数多く眠っています。

自身も維新のためにがむしゃらに訓練をし、仲間たちが数多く眠るこの地に想いを馳せる時、彼の気持ちはどんなものだったのでしょうか…(しんみり…)

密かな願掛けスポット「立木観音」

写真・立木観音

写真・立木観音


頂上からてくてくと下っていくと、麓には「一生に一度だけ願いが叶う」という立木観音像が安置されています。

イチョウの木の中に彫られていますが、江戸時代中期からあると伝わっているので、観音様のお顔がツルツルになっており、写真に撮ることができませんでした(涙)

防府を訪れた際は、ぜひ実際にご自身の目で見て、お参りをしてください。

今でもイチョウの木は成長しているので、もしかしたら数十年、数百年後にはこの観音様は完全にイチョウの木の中に閉じられるかも…知れません。

実は今年の春にも桑山を訪れたのですが、説明してくれる人がいるとまた楽しいですね♪

次回は違うコースにも参加をしたいなと思います (・ω・)b

関連記事