防府天満宮 御神幸祭(裸坊祭)

菅原道真公に「無実の知らせ」を奏上する、ほうふを代表する西日本屈指の荒祭。

未定

起源

御神幸祭(ごじんこうさい)

西暦903年(延喜3年 平安時代)、菅原道真公は「無実の罪」によりに左遷された太宰府の地で薨去されました。

それからおよそ100年を経た西暦1004年(寛弘元年 平安時代)、時の一条天皇より勅使が菅原道真公最後の寄港地、防府天満宮に使わされ、勅使降祭(お御霊を慰める祭典)が斎行され、初めて天皇から「無実の罪」が奏上されました。

防府天満宮 御神幸祭はこの勅使降祭を起源とし、道真公に「無実の知らせ」を伝えるお祭りとして連綿と受け継がれており、崇敬の源となる最も重要な神事です。

裸坊祭(はだかぼうまつり)

御神幸祭は創始以来、大行司・小行司や限られた家柄の者だけに奉仕が許されましたが、江戸時代後期の天神信仰の高まりと共に、一般民衆も奉仕を熱望するようになり、身の潔白を示すことで供奉を許さようになりました。
そこで民衆は潔白の証として佐波川の冷水で身を清め、そのままの姿で奉仕しました。
その姿から裸坊と呼ばれるようになり、御神幸祭のことを裸坊祭とも称するようになりました。

お祭り

毎年11月の第4土曜日、18時に防府天満宮の拝殿正面の扉が開かれると、数百人の裸坊が一斉に拝殿になだれ込み、「兄弟わっしょい」の掛声と共に、境内は一気に熱気を帯びます。hofutenmanguuhadakabou_hs1.jpg#asset:1704

先頭神輿、第一神輿と次々に神輿が担ぎ出され、それを千人もの裸坊が囲みます。

次いで地響きを立てながら、重さ500kgの御網代輿(おあじろみこし)が拝殿の階段を下り、参拝者の見守るなか、天満宮正面の大石段を滑り降ります。
喚声と怒号、およそ5,000人の裸坊が乱舞する様は壮絶の一言に尽きます。hofutenmanguuhadakabou_hs2.jpg#asset:1705hofutenmanguuhadakabou_hs3.jpg#asset:1706

その後、御網代輿は台車に仕立てられ、御神幸の行列に加わり、天満宮より約2.5kmはなれた勝間浦(かつまのうら)のお旅所(浜殿)に到着。
浜殿神事が執り行われ、勅使降祭の故事にならって「無実の罪」を奏上し、道真公のお神霊を慰めます。hofutenmanguuhadakabou_hs4.jpg#asset:1707

神事終了後、行列は再びほうふ市内を経て、午後9時ごろご帰還され、瑞々しく若返った道真公のお神霊を御神座にお遷しします。hofutenmanguuhadakabou_hs5.jpg#asset:1708hofutenmanguuhadakabou_hs6.jpg#asset:1710

御神幸祭を終えた御網代輿は回廊内に奉安されます。
参拝者はこの御網代輿の下をくぐる『御網代くぐり』により、天神様のご加護がいただけるとされています。

hofutenmanguuhadakabou_hs7.jpg#asset:1721


御神幸祭の執り行われる2日間、ほうふの街中は約15万人の参拝者で溢れます。
防府天満宮御神幸祭はほうふを代表するお祭りであり、西日本屈指の荒祭としても知られています。

※期間中市内中心部で交通規制が行なわれます。
 詳細は防府天満宮公式サイトにてご確認ください。

日程

  • 裸坊祭
    18時 ご発輦(ごはつれん) (防府天満宮を出発)
    21時ごろ 御帰還
  • 御網代くぐり
    御帰還直後から翌日20時まで
  • 奉納邦楽演奏
    未定

アクセスマップ

Loading map...

基本情報

日時

平成30年11月

場所・住所

防府天満宮(山口県防府市松崎町14-1)

問い合わせ先

0835-23-7700

ウェブサイト

防府天満宮公式サイト

アクセス
  • 山陽自動車道防府東I.C.から車で15分
  • 山陽自動車道防府西I.C.から車で15分
  • JR防府駅てんじんぐち(北口)から防長バス阿弥陀寺行き4分【防府天満宮】下車徒歩で5分
  • JR防府駅から徒歩で約15分
駐車場

あり