天神鱧

夏を彩る食の華

tenjinhamo_hs1.jpg#asset:1254


防府名物『天神鱧』

防府市内を流れる1級河川『佐波川(さばがわ)』から豊かな栄養が流れ込む防府沖の海は遠浅で、鱧の産卵地に適しており、古くから鱧漁の盛んな地でした。

『天神鱧』は地元の天神鱧を新鮮なうちに地元で召し上がっていただこうと、『はも塾』で技術を磨いた職人たちが調理した鱧料理のことです。

日本三天神のひとつ防府天満宮にちなんで名づけられた『天神鱧』は、5月から9月が旬の防府の名物料理です。

tenjinhamo_hs3.jpg#asset:1255tenjinhamo_hs6.jpg#asset:1258tenjinhamo_hs5.jpg#asset:1257tenjinhamo_hs4.jpg#asset:1256

職人技の『骨切り』

生命力が強く、荒々しい想像できないくらい、真っ白な鱧の身は、繊細で上品な味です。

特に、梅雨の後は鱧は脂がのって骨がやわらかくなり最高とされています。

鱧は1,200本以上も骨があり、美味しく頂くためには『骨切り』という伝統の技で細かく切り目を入れていきます。

まさに職人の腕に味が左右される食材なのです。

tenjinhamo_hs2.jpg#asset:1259

はも塾

平成17年に飲食店有志で開講した『はも塾』。

防府市を訪れた方においしい鱧料理を召し上がっていただくために切磋琢磨し、技術研修や新メニュー開発などの活動を行っています。

『天神鱧』料理は下記の『はも塾』加盟店にてご賞味いただけます。

たびたびほうふ 鱧料理ページ