毛利博物館と山口県立美術館のお得な共通券が販売されます

Posted on November 01, 2017

芸術の秋、雪舟ゆかりの地を巡る旅

山口県立美術館で開催中の『奈良 西大寺展』(10月20日から12月10日)、『雪舟発見!展』(10月31日から12月10日)と毛利博物館『国宝展』(11月1日から12月3日)のお得な共通セット券が販売されます。

日本を代表する画家である雪舟等楊(せっしゅうとうよう)の作品『倣夏珪山水図』(ほうかけいさんすいず)が84年ぶりに発見されました。ご所有者のご厚意により、雪舟の活動の本拠であり、その芸術を育んだ山口の地で新発見作品を山口県立美術館(山口市)にて展覧会を行ないます。

併せて、毛利博物館でも特別展『国宝』で雪舟筆『四季山水図(山水長巻)』を公開いたします。

国宝『四季山水図(山水長巻)』は16mに及ぶ長大な画巻で、日本の水墨画の最高傑作です。他に国宝『古今和歌集(高野切本)』や『史記』『菊造腰刀』なども観覧することができます。

共通セット券は県立美術館及び毛利博物館(11月1日から)で購入できます。

各施設について詳しくは下記をご覧ください。

山口県立美術館 公式サイト

毛利博物館/国指定名勝 毛利氏庭園 公式サイト


その他のお知らせ

次のお知らせ: まちくるワゴンのおすすめ