歴女が行く!毛利博物館企画展第2弾の見どころを紹介!

Posted on July 11, 2019

7月13日(土)から始まる、毛利博物館企画展の第2弾『版籍奉還150年記念企画「萩藩とは?」第2弾これが萩藩だ!』の見どころを取材してきました!

こんにちは、たびたびほうふスタッフです。

防府天満宮七夕まつりも大盛況のうちに終わり、いよいよ夏休みが近づいてきましたね!(^▽^)

今回は、7月13日(土)から始まる毛利博物館企画展の第2弾『版籍奉還150年記念企画「萩藩とは?」第2弾これが萩藩だ!』の見どころについて、学芸員さんに取材をしてきました!

自称「ほうふ一の歴女」を目指すワタクシが、真剣なまなざしで取材に挑む様子をお伝えします!

写真・旧毛利家本邸写真・旧毛利家本邸

たびたびスタッフ:今回の企画展のみどころはどこでしょうか?

学芸員さん:「御国廻行程記(おくにまわりおんこうていき)」という、昔の山口県(萩藩)の地図です。

たびたびスタッフ:おくにまわり…φ_(‥ )それはどんなモノなのでしょうか?

学芸員さん:江戸育ちで山口を知らないお殿様が、初めて山口に来ても山口のことが分かるように神社やお寺、道路や産業などについて細かく描かれています。

写真・ガラスケース一面に思い切り広げて展示予定!写真・ガラスケース一面に思い切り広げて展示予定!

たびたびスタッフ:なるほど~。何だか難しそうですが、お子さんが見ても楽しめるでしょうか?

学芸員さん:せっかく夏休みなので、お子さんにも分かるような展示方法を考案中です!p(・∩・)q

防府の宮市、三田尻近辺も描かれているので、皆さんも自分のお家がどの辺りにあるか、考えながら見てみるのも楽しいと思います。

去年開催された、「古地図を片手に、まちを歩こう。」でも使われた地図なんですよ。

たびたびスタッフ:展示の方法を考えるのも、大変なんですね…ヾ(;´▽`)

学芸員さん:(笑)今年は一年通して「萩藩」について展示をしていきますので、ただの「地図」としてではなく、当時の「萩藩」(山口県)がどんなところだったのか、どんな生活をしていたのかを感じてほしいですね(^^)

写真・毛利家の家紋が入った旗写真・毛利家の家紋が入った旗

学芸員さん、ありがとうございました!

夏休みの自由研究に山口県を旅行して、萩藩について調べてみるのもいかがでしょうか?