鋳物に触れて…

Posted on July 10, 2020

『長州鋳物記念館』7月12日(日)にグランドオープン!

防府天満宮参道の脇に、新しい観光スポットが登場しました。

それは、『長州鋳物記念館』!

古民家をリノベーションし、中に飾っている鋳物も、レトロで味があり、落ち着く雰囲気です。

写真・長州鋳物記念館写真・長州鋳物記念館


防府市は、いまでも『鋳物師町(いもじちょう)』という町名が残るほど、鋳物産業が盛んでした。

身近にあるのに中々その存在が知られてない鋳物を、「防府の観光資源に!」という、熱された錫(すず)にも負けない想いで、防府市で江戸時代から続く鋳物業の8代目、松村憲吾さん(アボンコーポレーション株式会社社長)が設立をしました。

写真・溶けていく錫写真・溶けていく錫


溶かした錫を、型に流し込みます。すっかり液体になっていて、不思議な感じ。

写真・溶けた錫を型に流し込みます。写真・溶けた錫を型に流し込みます。


固まるのを待ったら、木の枠組みを外し、土から鋳物を掘り起こします。

写真・砂から掘り起こして完成!写真・砂から掘り起こして完成!


砂がついているので、ササッと落として完成です。

純度100%の錫は、なんとハサミで切ることができ、手で曲げて形を変えることもできます(!)

写真・独特の光沢がキレイな鋳物写真・独特の光沢がキレイな鋳物


熱伝導も良いので、熱いものは熱いまま。冷たいものは冷たいまま。

錫でできたグラスで飲むビールは、格別だそう。

体験で作成したのは梅の小皿ですが、長州鋳物記念館では他にもペンホルダーや、今後はタンブラーなども体験にいれていくのを検討中とのことでした。

写真・レトロな内装が落ち着く室内写真・レトロな内装が落ち着く室内写真・いろいろな鋳物が展示してあります。写真・いろいろな鋳物が展示してあります。


体験の他にも、鋳物の歴史をじっくり見学できるコーナーもあります。

静かで、重鎮な歴史の語り部。

防府の新しいお土産として、ぜひご自分で作った鋳物をお持ち帰りしてはいかがでしょうか(*'ω'*)