小俣八幡宮

小俣八幡宮

笑い講発祥の社

正治元年(1199)に創建され、鎌倉時代から続く神事「笑い講」で全国的にも知られています。
元々は隣村にあった八幡宮の末社でしたが、祭事の役をめぐって隣村と争いが生じた際、小俣地区の人々が神符(お札)を持ち帰って神社を立て、産土神(うぶすながみ)として祀ったのがはじまりといわれています。

基本情報

京都から仕入れた四季の食材と地元の食材を活かした京料理のお店です
京都から仕入れた四季の食材と地元の食材を活かした京料理のお店です