•  

周防国府跡

全国でもっとも早く国の史跡に指定された国府跡

周防国府跡のなりたち

周防国府は、大化改新以降に全国に60余り設置された国府の一つです。

多くの国府が衰退した中で、周防国府は西暦1186年(文治2年)以後、明治初年まで東大寺の管轄に属していたことなどから国庁寺跡、土居、浜宮、船所阯などがあり、全国唯一のものとして、全国の国府跡の中でもっとも早く西暦1937年(昭和12年)国の史跡に指定されました。

国庁寺は、西暦1871年(明治4年)に解体され、本尊薬師如来坐像、惣門(瓦葺・高麗門)などが東大寺別院阿弥陀寺に移されました。

suoukokuhuato_hs1.jpg#asset:1138


アクセスマップ

Loading map...

基本情報

名称

周防国府跡(すおうこくふあと)

住所

防府市国衙

駐車場

なし