•  

三田尻塩田記念産業公園

かつての入浜式塩田の施設が復元されており、塩づくりの工程を見学・体験ができる

旧毛利藩財政は、米・塩・紙・蝋の『四白政策』によって支えられました。中でも塩は藩外への重要な輸出品で、東北では塩のことを『ミタジリ』と呼ぶ地方もあったそうです。今では塩田跡に多くの工場が立ち並び、ほうふの発展を支えています。

旧毛利藩は西暦1699年(元禄12年)から三田尻での製塩に着手。7代藩主毛利重就(もうりしげなり)の頃には塩の生産36万石、瀬戸内海では赤穂と並ぶ塩の大生産地となりました。

三田尻の塩田は塩の干満を利用して海水を引き込む『入浜式』で、西暦1960年(昭和35年)に操業を終えるまで、260年間三田尻塩田は良質の塩を作り続けました。

ここに塩田の施設が復元され、塩づくりの工程を見学・体験ができます。

公園では、昔の塩田作業の模型や様々展示物等で塩の生産について学ぶことができます。公園のシンボルである高さ13.184mの煙突は明治末期から大正初期のもので、塩水を煮る時の煙の排出に使われていました。

三田尻塩づくり体験(塩浜体験)

公園では往時のままの入浜式で「三田尻塩」を作っています。

この工程の一部を体験することができます。

  • 期間:4月~10月
  • 所要時間:1回あたり最長2時間
  • 申し込み:7日前までに要予約
  • 携行品:運動のしやすい服装、タオル、飲み物など


アクセスマップ

Loading map...

基本情報

名称

三田尻塩田記念産業公園(みたじりえんでんきねんさんぎょうこうえん)

住所

山口県防府市大字浜方381-3

電話番号

0835-25-3510

アクセス
  • 山陽自動車道防府東I.C.から車で25分
  • 山陽自動車道防府西I.C.から車で20分
  • JR防府駅みなとぐち(南口)から防長バス中浦行き10分【長平橋】下車徒歩で10分
駐車場

あり

開園時間

9:00~16:00

休園日

4月~10月 月曜日・祝日の翌日
11月~3月 月曜日・火曜日・祝日の翌日
12/29~1/3

入園料

大人300円、小学生以下200円
団体(20名以上)大人200円、小学生以下100円
障害者手帳をお持ちの方と介助の方おひとりは無料です