•  

周防国分寺

金堂をはじめとする伽藍が創建当初とほぼ変わらぬ配置で立つ全国でもまれな国分寺

周防国分寺のなりたち

西暦741年(天平13年)聖武天皇の勅願により国ごとに国分僧寺と尼寺が創建されました。続日本紀に周防国分寺に関する記載があることから、西暦756年(天平勝宝8年)までには完成していたと思われます。寺は西暦1417年(応永24年)に焼失しましたが、西暦1421年(同28年)、大内盛見(おおうちもりはる)が金堂(本堂)を再建しました。

後に毛利家からも保護を受け、金堂や仁王門の修築が行われました。西暦1779年(安永8年)に毛利重就(もうりしげなり)によって再建されました。



見どころ

建造物

  • 国分寺金堂 国指定重要文化財

国分寺所蔵

  • 木造薬師如来坐像 国指定重要文化財
  • 木造日光菩薩立像・月光菩薩立像 国指定重要文化財
  • 木造四天王立像 国指定重要文化財
  • 紺紙金泥般若心経 後奈良院宸翰 国指定重要文化財


お祭り

suoukokubunji_hs1.jpg#asset:1062

  • 聖天尊大祭

suoukokubunji_hs2.jpg#asset:1066

  • 薬師大法要 柴燈護摩

景色

  • 天平時代の創建当初の境内に現在も寺域が残っているのは珍しいとされ、西暦1957年(昭和32年)、境内地が『周防国分寺旧境内』として、国の史跡に指定されました。

suoukokubunji_hs3.jpg#asset:1069

  • さるすべりが境内に約130本植えられており、7月中旬から10月中旬まで見ることができ8月頃に見頃を迎えます。金堂に鎮座する本尊・薬師如来を参拝し、災いや厄を“滑り落とす”という意味が込められています。



公式サイト

周防国分寺


アクセスマップ

Loading map...

基本情報

名称

周防国分寺(すおうこくぶんじ)

住所

山口県防府市国分寺町2-67

電話番号

0835-22-0996

アクセス
  • 山陽自動車道防府東I.C.より20分
  • 山陽自動車道防府西I.C.より20分
  • JR防府駅から防長バス阿弥陀寺線【国分寺】下車徒歩5分
駐車場

あり

◆周防国分寺金堂

開館時間

9:00~16:00

休館日

月曜日

拝観料

大人500円、中学生以下300円
団体(20名以上)大人400円、中学生以下250円

主な年間行事

毎月1,16日

  • 聖天尊縁日

毎月8日

  • 薬師如来縁日

1月11日

  • 万巻心経会

4月第1土曜

8月16日

  • 孟蘭盆 施餓鬼供養

9月21日

  • 弘法大師供養法会四国八十八ヶ所お砂踏み

11月第1土曜